わたし、胃腸の中で聞いた歌です。

以前、ケンタと二人でお練習の帰りに近所の以前から行ってみたかった欧州風の素敵な喫茶店にいってみました。1年齢前は、おしゃれな喫茶店なんて絶対に連れてけなかった。入った時期、周りのクライアントに打ち明けめくり進出→仮面ライダーに変身→クライアント相手に戦い設ける、どなたとでも、というイラストが簡単にイマジネーションできちゃっていたんで、ともかくいかなかったけど、たった一年でケンタとこんな穏やかな暖かい期間を暮らせるようになるなんて母ちゃんは幸せです。大抵のことは期間が解決して受け取るって言うけど
そうなぁ?なーんて感動していたら、
誠にケンタが、びっくりすることをつぶやいたんです。
「通り。こういう歌、わたししってるよ。母親の胃腸にいる時にずっと聞いていたから。
好きなの。通りは?」と。はじめは発想生じるなあ、嬉しいなぁ?ケンタは、、くらいしか思ってなかったんだけど、長らく私の心を現実の現時点がストップした趣があってそのあと直ぐに思い起こしたんです。あっ、そういえば、我々、妊娠してからずっと、「脇のトトロ」ばかり何度も聞いてたんだった。
そうなんです、つわりがひどくて何も食べれない時も、胃腸が著しくなって強敵寝付けない時も、陣痛が始まった時も絶えず、ぴったり横はトトロ。「脇のトトロ」を聞いてると、いわば自分に自慢が持てて、OKって思えちゃうんですよねー、そうだった、これ忘れていた!ケンタ、これ、覚えてくれていたんだね??。案の定あの時から母親とケンタはますます道連れだったんだね。
今日からは、また、男とゆうかも一緒に「脇のととろ」聞こうね。
位からも旨くね。http://www.infocarte.org/datsumolabo-speedcourse.html